ゴキブリ駆除のアイテムの質は年を追うごとに向上。殺虫剤や捕獲アイテムをうまく使い分けることで…

ゴキブリの駆除ツールも様々。使い方しだいでは大幅な減少も?

近年、市販のゴキブリ殺虫剤がかなり強力になりました。
使用後の匂い、体への違和感でそれを実感されている方も多いでしょう。
また、捕獲アイテムも品質が向上したことに加え、アイデアグッズ的なアイテムも含めて選択肢が多様化しました。
ただ、効果があるからと市販アイテムをむやみに使うのは考えもの。
特に殺虫剤は体への悪影響は要考慮すべき。
アイテムや薬剤ごとの特徴をよく理解した上で、ご自宅の発生状況にマッチした使い分けをすることが肝心です。

電話番号バナー

ゴキブリでお困りなら、今スグお電話ください。0120-702-771

ゴキブリの駆除ツールには数種類が存在。発生状況に合わせた最適なアイテムはコレ!

駆除剤は大まかに4種に分類。それぞれの強みと特徴をご紹介

市販アイテムはゴキジェットなどの噴射剤が最もポピュラーといえますが、群れ自体を壊滅に追い込むには薫煙タイプ・待ち伏せタイプ・毒エサタイプの3種が欠かせません。
噴射剤はかなり強力ですが、長時間使うと家具・床・電化製品、または人間へのダメージが甚大なため応急処置と捉えましょう。
長期的かつ広範囲に効果が期待できる3種はシンプルな使用方法も魅力的ですが、こちらも体に毒なことには変わりありません。
特に、お子様がいらっしゃるなら細心の注意が必要です。

そもそも、なぜゴキブリが家にいるのでしょうか?その経路を断ち切って被害を最小限に抑えましょう

侵入経路を把握してゴキブリの増殖を軽減!

ゴキブリを根絶するには、ゴキブリが家に入ってきた経路を特定すべきです。
本格的な駆除作業を実行するとしても、この経路を断ち切らないとまた群れを発生させることになるでしょう。
賃貸の場合は元々居着いていたケースがほとんどですが、対策を取られている方が意外と多いにもかかわらず、悩みが付きないのは新たな個体の侵入が相当数あるといえます。
もし、本格的な駆除を検討されているなら、その効果を持続させるために、代表的な侵入経路をご紹介いたします。

ゴキブリの巣は、繁殖に適した場所にアリ。基本的な絞り込み方とともに防止策をマスター!

ホントは考えたくもないけれど…ゴキブリの巣の場所を知ろう!

一口にゴキブリの巣といっても、アリのように穴を開けるわけではなく、ハチのように巣を作るわけではありません。
大まかにいうと、ゴキブリの好む環境が整っているため、群れで居着いている場所といったところでしょうか。
  • 物陰
  • ある程度の湿度や水分がある
  • 餌となる食べカスやホコリの塊が近くにある
などの条件が揃うと、居着く場所(巣)としてゴキブリは判断します。
巣の場所となる傾向をしっかりと掴んで、群れの駆除作業に生かして下さい。

ゴキブリの日本だけでも豊富な種類が存在。関西にお住いなら、小~大型の3種が代表格です

ゴキブリの種類は意外と豊富。関西エリアなら3種が基本!

ゴキブリは種類が豊富ですが、関西エリアでよく見られるのはクロゴキブリ・チャバネに、ワモンゴキブリ…を足した3種です。
見た目やサイズは異なりますが、自宅やお店で見かけるとなれば不潔な場所を好む気持ち悪い虫に違いありません。
ただ、それぞれの習性や行動パターンを細かく知ることで被害の防止策には役立つでしょう(実際に登場した虫と照らし合わせるには写真も確認していただかなければなりませんが…)。
敵の知識を身につけて、ゴキブリ退治のイニシアティブを握りましょう。

なお、群れの全滅をお考えであるようなら、私どもにぜひご相談下さい。
やはり、ご自分で駆除するとなると市販の薬品は大量に必要なため結果的にお金がかかりますし、ご自宅の細部まで手を加えるとなれば時間的損失も膨大となります。
私どもにお任せいただけると、その場だけでなく、長期的にゴキブリの姿を見ないですむように対策を取らせていただきます。